オンラインレッスン、web講座スタート!

講師紹介 ロネ&ジージ

講師ロネ&ジージ

OPEN SESAMEクラウンスクールで教えるのは、

基本的にこのふたり。

ロネ&ジージというコンビを組んで30年。海外でもアイコン的な作品とともに高い評価を受けている。
本校では、どのクラスでもその積み重ねた学習コンテンツと経験を使って指導にあたる。

日本にない考え方をもつ「クラウン」という文化を、日本人にわかりやすく解説。

ロネ&ジージの共通プロフィール

1990年にクラウン養成学校「クラウン・カレッジ・ジャパン」を卒業後、クラウンの演劇的表現を求めて旧ソ連最後のモスクワに渡る。
現ウクライナ国立サーカス・クラウン大学、およびモスクワ芸術座のオレグ・タバコフに学ぶ。また、ヨーロッパを代表する女性クラウンのノーラ・レイに師事。

日本ではシアタークラウンのパイオニアとして、30年間トップグループを走り続けている。

  • ウィスコンシン大学クラウンプログラム常任講師として14年間クラウンを教えてきた唯一の日本人。
  • 世界クラウン協会コンクール(本部アメリカ)審査員
  • クラウン劇団OPEN SESAMEと附属クラウンスクールを主宰
  • クラウンキャンプ木曽 ディレクター

自身がアーティストとして、劇場公演やライブ公演などを行う傍ら、
日本でクラウンスクールを設立し、国内外でこれまで約25年にわたり、クラウンの演技指導を行い、プロやアマチュアのクラウンやパフォーマーを生み出している。教えた生徒のコンクール入賞者も多い。

  • クラウンズ・インターナショナル 最優秀クラウン賞
  • モンテカルロ国際クラウン・フェスティバル 銀賞
  • ポートランド・コメディフェスティバル 第一位、など受賞歴多数

講師:クラウン RONE(ロネ)

「表現」や「演技」という一見つかみどころのないことを、具体的かつアカデミックに教える。

チャップリンの映画を止めながら上映し、どこにどんなクラウニングが使われているか、を解説する講義が人気。

劇団前進座に生まれ、6歳で初舞台を踏む。劇団四季に学び、NHK土曜ドラマの主役などTV・映画のアイドル女優?を経て道化師になる。日本の古典と築地小劇場の思い出話を子守唄に育ったため「歩く演劇史」とも呼ばれる。初舞台は村山知義演出、女優最後の出演映画は勅使河原宏監督作品。和洋折衷、アルカオスとはこの人のためにある言葉。「演じているように見えない演技力」に定評がある。

コンビではボケ担当。指導するときの理論的な教え方と、クラウンのときのダメさ加減のコントラストが見どころ。

著書「笑いのクラウン講座」

もっと詳しくはコチラ

講師:クラウンGigi(ジージ)

常設クラス主任講師 クラウン(道化師)、演出家、脚本家。

Clown College Japan卒業後、同校で講師アシスタントを務める。クラウン劇団OPEN SESAME座付作家・演出家。

キレのよいクラウニングは、世界でも屈指。

クラウンの「表現」の基礎から応用までを、学ぶレベルに合わせて指導。
受講生の頭の中にある「こんなことをやりたい」を一緒に考え、アイデアを提供し作り上げていく手腕を持つカリスマ。
加えて、具体的な指示、穏やかな誘導は、教育界からも熱い視線を浴びている。

コミュニケーション・ワークにも定評があり川崎市内ほぼ全域の小学校で共生共育プログラムを指導中。

絵本「おちてきた、きらりん」絵・文

もっと詳しくはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です